スポンサーリンク 
 


「 あなたの雑貨カフェをどの場所にオープンするのか?」 は、今後、お店を運営・継続してゆく上でもとても重要なポイントとなります。

一度お店をオープンしてしまうと 「 やっぱりここの場所は、うちのお店にあっていないからダメだ!」 というように、簡単に次の場所に移るようなことはできませんから、物件探しはとても大切で、時間をかけて慎重に判断する必要があります。

自分の住居の一部を改装したり、「ここで開く!」というようにすでに、最初からお店を出店する場所が決まっている場合は別として、これから出店場所を探がそうと考えている方は、まずはお店の店舗形態とエリア(地域)を具体的に絞り込んでゆきましょう。
一般的に雑貨カフェをオープンする場合に考えられる、店舗物件としては、


住宅街の中や、幹線道路沿いに一軒屋のように単独で存在する店舗。
場所によっては数台の駐車スペースがあります。


マンションなどの1階部分が何件かに分割された商業スペースとなっていて、パン屋さん、美容室、お花屋さんなどが入居しているような物件。
立地場所によってはお客様のための共有駐車スペースが確保されている場合もあります。


イオンやイトーヨーカードーや駅ビル・駅地下などの大規模商業施設から、各地方の小規模商業ビルのテナント物件。 営業時間や休日などさまざまな規制があります。


商店が立ち並んだ商店街にある物件。基本的には、お店の自由裁量によって営業できますが、地方によっては商店会費などが徴収され、祭事・イベント等に半強制的に参加させられることもあります。

などのパターンがあげられます。

また、どのような雑貨商品を販売し、どのような雰囲気のカフェを開こうとされているのかも出店場所選びに大きくかかわってくる要因となります。

例えばあなたが、少し落ち着いた感じの北欧調のインテリア雑貨を販売し、手作りケーキとアーマッドティーやウエッジウッドなどの紅茶を楽しんでもらえるカフェを併設したショップを開きたいと思われているならば、店舗の内・外装も含め、お店の出店場所のロケーションも重要なポイントとなります。

仮に、先ほどの2番目にあげたマンションの1階部分で何店舗かが連なったような物件や商店街の空き店舗を借りて出店した場合、いくらあなたのお店が落ち着いた雰囲気の内装を施し、めずらしい北欧雑貨を並べていたとしても、両隣のお店が朝から晩まで若者たちがたむろする様な24時間営業のコンビニや店頭スピーカーで客寄せをしているような100円ショップだとすると、あなたのお店の魅力は、それだけで半減してしまいます‥‥

もちろん「 だいじょぶ!そんなところはハナから選びません 」 という方がほとんどでしょうが、気をつけなければならないのは、お店を借りようとした時には、周りの他店が手作りパンや洒落たお花屋さんであったとしても、いつどのような理由でテナントが入れ替わり、100円ショップに様変わりするかはわかりません。

そのような事態が発生するようなリスクもあるということも含めて、じっくりとあなたのイメージに合う物件を探さなければなりません。



          スポンサーリンク 
        


 お店のコンセプトの決定

 お店の開業日を決める

 開業資金の調達方法 1

 開業資金の調達方法 2

 店 舗 取 得 関 連 1

 店 舗 取 得 関 連 2

 店 舗 取 得 関 連 3

 店 舗 改 装 関 連

 オープンまでの予定表

 雑貨商品の仕入れ方法

 卸問屋からの仕入れ

 メーカーからの仕入れ

 ギフトショー利用方法 1

 ギフトショー利用方法 2

 手作り作家さんから仕入

 ネット問屋からの仕入1

 ネット問屋からの仕入2

 お店の名前を決める

 カフェメニューを決める

 食材業者を決める

 開業申請手続き関連

 開 業 準 備 関 連 1

 開 業 準 備 関 連 2

 カード会社への加盟申請

 オープニングレセプション


 雑貨展示会・見本市情報

 雑貨仕入先情報

 店舗取得関連情報

 開業資金関連情報

 雑貨・ビジネス用語集

 雑貨カフェ開業支援講座

 開 業 関 連 情 報 本

 国内雑貨カフェのご紹介


 業 務 用 厨 房 器 具

 業 務 用 調 理 器 具

 業 務 用 調 理 小 物

 カフェ 用 卓 上 備 品

 カフェ 用 製 菓 用 品

 カフェ用キッチンツール

 雑 貨 商 品 ラッピング材

 業 務 用 店 舗 備 品 類





  スポンサーリンク