スポンサードリンク 
  


最近では、さまざまな形をとりながら雑貨商品を手作り販売されている個人作家の方も数多く活動されています。 

特に、ガラスや陶器などの加工製品や技術的にもかんたんなネックレスなどのアクセサリー関連の服飾雑貨商品では、作家さんの個性を活かしたオリジナリティあふれる作品を作られている方もどんどん増えています。

そのような個人雑貨作家さんの作品の中から、あなたの感性、お店の雰囲気にマッチする商品を見つけたならば、直接仕入れて販売するのもひとつの方法です。

雑貨を並べるスペースにもよりますが、一部の棚やラックを雑貨作家さんの作品紹介コーナー専用にして、月替わりや催事として、いろいろな作家の方たちの作品を扱うのも良いでしょう。

雑貨作家さんの作られる商品には、1点ものが多いので、うまく商品を取りそろえることができれば、他店との差別化にもなり、お店のアピールポイントにもなります。

 

それではいったいどこで、そのような雑貨作家さんを見つけて、コンタクトを取るのか?
ひとつの方法として、個人作家さんたちが集まって開催している合同の展示会やマーケットがあります。

個人作家さんたちは同じカルチャースクールで学んだ縁など、同業者同志が横のつながりで結ばれ情報交換をされている場合が多く、何人かで集まって合同の作品展示販売会などを定期的に行っています。 

会場は、街中の貸ギャラリーや展示場、商業施設の一角や公共広場などなど、地域性に合わせ、さまざまな場所で開催されています。 なかには、フリーマーケットなどに出店されている方もよく見かけます。

そおいった会場に足を運べば、直接作家さんたちの作品を実感することができます。
その中でお気に入りラインが見つかったならば、あとはその作家さんにあなたのお店のことをお話して、直接交渉(商談)をしてみることです。

ひとりの作家さんと知り合いになれると、そこから芋づる式にいろんな作家仲間を紹介してもらえることもよくありますから、積極的にコミュニケーションをとってみることもおすすめします。

その他としては、ネット上から探してみる方法もあります。 何らかの形で作品を販売している作家さんのほとんどは、自身のホームページかブログを開設されていますから、あなたの探している雑貨カテゴリー等で検索をしてみると見つけることができます。

個人の雑貨作家さんばかりを集めたポータルサイトもありますので、それらを利用するのもおすすめです。

  ・雑貨作家さん全員集合!  http://www.zaccasacca.com/


 

作家さんの商品を取り扱う取引条件としては、委託販売をおすすめします。
委託販売の場合は、基本的に売れた商品の代金だけを支払えばよいので、ショップに並べているすべての商品を買い取る必要がありません。

これだと売れ残り商品が発生し、不良在庫としてお店の負担になるリスクもまったくありませんからショップ側にとっては、とても有利な取引形態といえます。

  


委託販売の場合、一般メーカーにおいても掛率は買取より高く設定される傾向がありますが、最低でも7掛け(商品販売価格の70%、利益が30%)以下にはなるように交渉しましょう。


売上商品代金の毎月の締め日と支払い日を決め、支払い日が土日祝の場合は、前日か後日か、代金振込の手数料はどちらが負担するのかも決めておきましょう。
また、細かいことですが、遠方の作家さんと取引をする場合には、商品の発送や返却時の送料をどちらが負担するのかも決めておきましょう。
雑貨作家の方が、あなたのショップに直接訪問してもらえるような地域にいらっしょる場合は、商品の受け渡し、代金の支払い等も会って直に行うこともできます。


委託販売の場合は、作家さんの都合もありますから、商品の販売期間をあらかじめ決めておくことも必要です。 
いくらあなたが気に入った商品であっても、お客さんに興味を示してもらえず、売れることがなければ、お店のためにも商品を入れ替える必要があります。
事前に委託期間を決めておくとそのような場合でも、スムーズに商品の入れ替え(作家さんの交代)が可能となります。


取り扱う雑貨商品にもよりますが、販売後に不良箇所が見つかったり、修理が発生した場合には、きちんと責任をもって対応してもらえるのかも、確認しておかなければなりません。
この手の問題はお店の信用にかかわりますから重要です。

また作家さんが自作された商品は、メーカーから仕入れる画一品と違いますから、お客さまの希望にあわせて、アレンジすることができる商品もあります。
例えば、ネックレスのトップ部分にもうひとつ飾りを増やしたり、チェーンの形状を変えたりするようなことは較的かんたんにできますから、お客さまの希望にどの程度答えてもらえるのかもあらかじめ作家の方と話し合っておかれるのが良いでしょう。

以上のような点を踏まえて、口約束ではなく、取り決め内容を書面で残し、お互いに控えを持っておくことにしましょう。

この先、さまざまな手作り作家さんとお付き合いしてゆくためにも事前に契約書の雛形を作成しておくことも良いでしょう。

「雑貨 委託作家募集」などのワードで検索すれば、個人作家さんを探されているショップの情報等を知ることができますから、仕入条件を交渉する時の参考にされるのも良いでしょう。



          スポンサードリンク 
        


 お店のコンセプトの決定

 お店の開業日を決める

 開業資金の調達方法 1

 開業資金の調達方法 2

 店 舗 取 得 関 連 1

 店 舗 取 得 関 連 2

 店 舗 取 得 関 連 3

 店 舗 改 装 関 連

 オープンまでの予定表

 雑貨商品の仕入れ方法

 卸問屋からの仕入れ

 メーカーからの仕入れ

 ギフトショー利用方法 1

 ギフトショー利用方法 2

 手作り作家さんから仕入

 ネット問屋からの仕入1

 ネット問屋からの仕入2

 お店の名前を決める

 カフェメニューを決める

 食材業者を決める

 開業申請手続き関連

 開 業 準 備 関 連 1

 開 業 準 備 関 連 2

 カード会社への加盟申請

 オープニングレセプション


 雑貨展示会・見本市情報

 雑貨仕入先情報

 店舗取得関連情報

 開業資金関連情報

 雑貨・ビジネス用語集

 雑貨カフェ開業支援講座

 開 業 関 連 情 報 本

 国内雑貨カフェのご紹介


 業 務 用 厨 房 器 具

 業 務 用 調 理 器 具

 業 務 用 調 理 小 物

 カフェ 用 卓 上 備 品

 カフェ 用 製 菓 用 品

 カフェ用キッチンツール

 雑 貨 商 品 ラッピング材

 業 務 用 店 舗 備 品 類


 お問い合わせ






  スポンサードリンク